酸素カプセルを導入しました!

酸素カプセル オアシスO2導入!

先日あすなろくらぶでは、酸素カプセルを導入いたしました。

利用者の方はご自由にご利用いただけます。

気になる方は、是非一度無料体験にてその効果を実感してみてください。

下記にて詳しい効果や安全性について記載していきたいと思います。
酸素カプセル

酸素カプセルとは

酸素カプセル、ベッカムカプセル、高気圧カプセル、O2カプセル・・・
みんな「高気圧エアー・カプセル」による酸素セラピーのことです。


水深2~3メートルの水中と同じ1.2~1.3気圧のカプセルの中に横たわることで酸素が身体をリフレッシュしてくれます。


酸素は「細胞のエネルギー」を生み出す働きをしています。
身体には60兆個の細胞があり、そのすべてが酸素を必要としています。
酸素が十分供給されれば各機能が整えられるので健康増進が期待できます。
1.エネルギーが満ちてくる
2.美しい素肌がよみがえる
3.脂肪の燃焼効果が上がる
4.記憶力・集中力の向上
5.疲労回復が進む
6.二日酔い対策

・・・など
酸素カプセルは、高圧酸素療法で使用されるような医療用の機器ではありません。
健康補助のための器具です。


医療用では100%の純酸素を用いますし、病気によって変わるようですが、おおよそ2気圧ぐらいをかけるようです。
これは高気圧治療のために使われ、潜水病や、救急のガス中毒や、急性心筋梗塞、脳血管障害の治療などでも活用されています。


しかし、健康な人に対しては、酸素濃度を低くして、気圧も2気圧ほど高くなくても、酸素の身体に対する効果は得られるのではないかと考えて開発されたのが、酸素カプセルです。


また、大気中の空気を使用していますので、爆発や酸素中毒の恐れもなく、副作用の恐れも全くありません。


ただ、カプセル内の気圧は高まりますので、耳抜きが必要になります。


基本的に安全に幅広い方に使用していただける器具ですが、中には使用できない疾患もございますのであすなろくらぶの職員へご相談いただければ安心です。

少し古いお話ですが・・・

酸素カプセルが有名になったのは2002年、サッカーW杯直前に左足甲を骨折したイングランド代表のデイビッド・ベッカム選手が早期回復に向け、高気圧酸素治療をした結果、全治10週といわれていたものをわずか3週で完治し、見事活躍したことがマスコミで報じられた事でした。

現在もデイビッド・ベッカム選手のパーソナル・メディカルチームは現在も高気圧カプセルでコンディショニングをしております。

他にも2006年夏の甲子園では見事優勝に導いた早稲田実業のエース、斉藤佑樹投手が連日連投の疲労回復に酸素カプセルを利用していたそうです。
トップページへ|画像